スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月 スペシャルワーク

今日のゆらしは、ゆらした後も、ゆらされた後も、スーッと落ちるようにねむっていました。

目覚めた時の感覚が2度とも違うきもちよさで、スッキリ!!しました。

ゆらしで、みんなに出会えるのがとても楽しみで、嬉しいです。

(M.H)


スポンサーサイト

は私の原動力


人に指摘されて、自分を変えるより、

ただ大地にカラダをあずけて、

本当の自分のココロやカラダに自分で気が付く。

だから私は<からだゆらし>が好きです。


ゆらす人も、

ゆらされる人も、

ただただ無心でいられるように、集中する。

疑わず、素直に信じて、自分の変化に自分で驚き続けてきたからこそ、

<からだゆらし>は私の原動力なのです。


(mika)

2月東京スペシャルクラス 振り返り


15日のからだゆらしで快癒の祈りを行いました。

祈りって難しい、どう祈ればいいのだろうと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、シンプルです。
なぜって、こうあるべきっていうかたちはないから。
今まで慣れ親しんだ祈り方でもいいし、南無阿弥陀仏でも主への祈りでもいい。
立っても、座っても、電車の中でも。
その人をただ思い浮かべるだけでも祈りになると感じます。

ワークでとても興味深かったのは、参加者それぞれにいろんなイメージが湧き上がってきたこと。
それぞれが、その人らしい、美しく、神々しく、暖かなイメージで包み込まれました。
同じ場で、個として、同時に繋がりあって一緒に祈ることができ、祈りの力が一層深いものに、強いものになったと感じました。

私たちは常に
守り、守られている。
支え、支えられている。
祈り、祈られている。
愛し、愛されている。



(Y.U.)

大雪の中の

大雪の影響で、電車やバスの運休がある中、神奈川県や埼玉県から<からだゆらし>に参加して下さりました。



参加者の方々も、最近ではプロフェッショナルな方々が多く、プロと呼ばれる方々の参加者も増え、刺激的です。

私も、時間を掛けてプロフェッショナルを目指します。


*****

そして、<からだゆらし>では、私のカラダが明らかに違いました。

女性性を受け入れられるようになったせいか、カラダが今まで以上にゆるんでいました。


YさんやYURaRAさんに、「パスクロさんのカラダがゆるんでいる」と言って下さりました。←たるんでるではないですよ!

カラダも違えば、心も変わりました。

私が大好きな人達に、からだゆらしをしてみたい!という気持ちが湧いています。

今までは、自分の為の<からだゆらし>だったのですが、今は自分が好きな人にやってみたい!という気持ちがあります。

大好きな人達を揺らして、どう揺れるのか、観察してみたいと思いました。


どうしようもなく、幸せな気持ちです。

YURaRAさんから、雪の中ありがとうございます。と皆に配ったチューリップ。

玄関に飾りたいと思います。

深く、集中したリトリート時間


私は現在看護学生の2年生です。病院実習を終えたばかりでした。

肩は凝り過ぎて痛くて、腰も痛い。

とくかく、今日はゆったりとからだを大地に預けたいと思いながら参加しました。


ペアになり、初めに私がペアの相手をゆらさせて頂くと、肩の凝りがゆるんでいました。

ゆらさせて頂いているペアの方の表情が、あまりにもキレイで見とれてしまいました。


日常の表情とは全く違う、安らかで優雅な表情。

私はペアの方を揺らしながら、その方の存在そのものと出会っているのだと確信しました。


終了後に、その方の横に寝そべると、なんだか感動に近い何かが湧いてきました。

からだをゆらして、日常を手放して、ただただ非日常の時間を大地にカラダを預けるこの時間って、本当にかけがえのない時間だなぁと思いました。

ただただ、アナタが、ワタシが、静かに大地にカラダを預けるだけの時間。

私たちが忘れかけている、自分との対話の時間です。


私はこの日、久しぶりの脱力感に、眠くて眠くて自宅に帰り、食事を終えると、ベットにバタンQでした。

失神に近いほど、久しぶりの深い眠りに落ちました。

来月も、この日を楽しみにしながら、病院実習に取り組みます。


ありがとうございました。

(mika)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

karadaゆらし

Author:karadaゆらし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。