スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本質を知る・語る力

今日はイベントがありました。

そこで、イベント前に講師のYURaRAさんとさり気なく交わした何気ない会話で、私は「今」私が直面している問題の本質を見抜かれてしまいました。

早朝まだ暗いうちから始発で大阪から東京に来て下さったYURaRAさんは、午前中は用事があり、都内にいました。

そのまま昼食も摂らずに会場へ駆けつけてくれました。

急いでお弁当を頬張りながら、一瞬で見抜いた私の問題に対し、アドバイスをくれ始めました。

そして、〈からだゆらし〉が始まりました。

YURaRAさんは、通常のワークの時間を割いて、私の問題点をホワイトボードに書き出し、丁寧に説明してくれました。

私は次第に、自分自身の問題を理解し始めました。

そうこうする間に、都立看護専門学校の社会人入試を受けて来た足で、面接指導に駆けつけて来て下さった方々がお見えになりました。

*********

社会人入試を受けたばかりのホヤホヤの方々が、ある意味興奮冷めやまない状態で、ドキドキされたお顔で、勇気を出して参加して下さりました。

都立看護専門学校の社会人入試の問題を見せて頂き、これはまた、本質を突いたというか、その人自身を問われる問題だなぁ~と感心しました。

この山川加津子さんは、ある意味ブームの方ですね。

私も「隣る人」というドキュメンタリー映画を観に行った時に、予告で観て知っていました。

彼女の出演しているドキュメンタリー映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」や、著書や講演会などで、彼女を知る方は多いと思います。


私がYURaRAさんを尊敬して止まない理由は、本質しか語らないからです。

好かれるとか、嫌われるとか、損得勘定など一切なく、いつも誰かの為に、差し出し続けている姿をもう6年以上見させて頂きました。

私は今日のイベント終了後に、打ち明けました。

「イベント開始前と開始後では、身体の感じが違います。まるで、湯あたりしたような感じです」

最寄りの駅まで車で送った私に、こう言いました。

「今日の出来事は一切切り離して、日常に帰って下さいね。家まで運転する時は、肛門に力を入れて帰って下さいね」

そして、私はお礼を伝えて、車で自宅へ向かいました。

一人になると、ウワァ~っといろいろなものが込み上げて来ました。

勝手に涙が込み上げて来たので、言われたとおり、肛門に力を入れて運転しました。

すると、また涙が込み上げて来たので、肛門に力を入れて…の繰り返しでした。


***********

自宅に戻ると、子ども達が2回目の洗濯を干している最中でした。

私はとても幸せ者です。

なぜなら、私にはまだまだ変容するチャンスがあるからです。


今日の面接指導クラスでは、私自身もとても参考になりました。

やはり、本音や本質を語ることがこれからのヒントになると思います。


考えて考えて考え抜いた自分自身の答えは、誰にも覆すことは出来ません。

眩暈がするほど、衝撃だった出来事や、涙を飲んで歯を食いしばった出来事は、あなただけの真実です。

皆が真実を語り始める時、それは人の心を動かします。

そして、生き様は自分自身に現れます。

あなたが、何を見て、何を信じて生きているかは、あなたを見れば分かるのです。


今日は、自分では気付き辛い「今」のあなたを知る機会になればと思います。

私自身も、肛門を締めて、どうにか家路に着きました。

こうやって、何かを手放して、新しい自分を受け入れて、変容して行って欲しいです。


これから大切になるのが、本質を知る力と、本質を語る力です。

誰かの真似ではなく、あなた自身をめい一杯生き切って欲しいです。


そして、少しずつ未来を開拓して行きましょう!

スポンサーサイト

看護専門学校(社会人)合格を目指す人のワーク

看護専門学校(社会人)合格を目指す人の"からだゆらし"を行いました。


午前中のからだのワークには、沢山の方々に参加して頂きました。

背中でのコミュニケーションでは、様々な背中と感じ合うことが出来ました。

熱気で会場が狭く感じました。
座学ではないワークは、ある意味即興のようです。


このワークは、誰かの期待に必ず応えなくてもいいのです。

やりたくないことは、やらなくて良いのです。

私はこのワークを通して、自分の思い込みや、思い癖や、自分の違和感を体感して来ました。


自分は出来ないとか、
自分は上手く出来るとか、
そんなエゴの先に、新しい自分と出会います。

必要以上に傷付く自分や、
誰かと比べてしまう自分。


そんなこんなを超えて、ありのままで、快で、楽な自分と出会う為のツールだと私は思っています。

ぎゅ~っと、力が入って縮こまっている自分に気が付き、ほぉ~っと、楽になる為のワークなのです。


継続していくと、他者が変わります。
何故なら、自分が変化しているからです。

私が楽になると、相手も楽になります。
お互いに楽になると、関係が変わります。

私が楽になると、同僚も上司も、先生も、クラスメイトも、家族も、患者さんも皆が楽になります。


私たちは、常に循環しています。
与えて、与えられて、差し出して、差し出されています。

無理に笑顔にならくてもいい。
必要以上に傷付かなくてもいい。
これ以上、悲しまなくてもいい。

あなたが、あなたらしく、力を抜いて、そこにいるだけで、十分みんなが幸せなのです。

「等身大のありのままの自分を見つめる」
これが、からだゆらしの醍醐味だと、私はいつも思っています。

昨日のワークは、そんな初心の気持ちを思い出させてくれるワークでした。

私は明日から金曜日まで、テストに明け暮れますが、眠い目を擦りながら、超えて行きます。

月に一度お会いする、yurara師匠とamaraさん、キラキラと輝いていました。

thanksさんに、いつもこの場を運営して頂いているお陰で、参加者の皆様に喜んで頂ける場があります。

私は、疲れ果てて、ショボショボですが、スイッチが入りました。

頂き物のザクロジュースで、エネルギーチャージをします!

関係者の皆さん、本当にありがとうございました!

どうしても看護師になりたい人の勉強会

今年度2回目のイベントです。


今回も、遠方遥々来て下さった方々とかなり濃い時間を共に過ごしました。

今回初めて参加される方もお二人お見えになりました。


前回のイベントでは、「伝えたい!!!」という私の想いが強かったのですが、今回は私まで終始頷きながら学んだ時間でした。

今回参加された方々は、ラッキーです。

何故なら、とても大切なことを終始話してくれていたからです。


現役看護学生の私も物凄く参考になるお話が満載でした。

今回は、私の本を数冊持参して、貸し出しも行いました。


そして、私からは「課題」も出させて頂きました。

提出期限は、看護専門学校と同じ、翌日の朝8:50までと設定してみました。

それぞれに忙しい日常を過ごされている参加者の方々が、今一度自分と向き合い考察し集中する時間を持って欲しいと思いました。


参加者の皆さん。

今、どんな時間を過ごされていますか?

涙は乾きましたか?

何かを始めていますか?


もしかしたら、

「もう!面倒くさい宿題なんて出して!」・・何て、思っていますか?

「ごめんなさいね!」ペコリ!



ちなみに、私は実はこの課題、自分自身悩みました。

チャチャっと出来ると思っていたのに、いざ書こうと思うと手が進みませんでした。


でも、大丈夫です。

師匠が言っていたのを覚えていますか?

「根拠なき自信」が大事です!

自分を信じて、自分で自分の価値を上げて行く作業が大事です!


私や師匠は、参加者の方々が本当に看護師になりたいと望む限り、精一杯サポートして行きたいと思っています。

今までは、2ヶ月に一度の開催でしたが、次回は6/23(日)を予定しています。

ちょっと、私も参加してみたい!

予備校よりも、面白いかも!?と思われる方は、是非一度参加されてみて下さい。

あっという間の90分です。


お手伝いの私が、今回一番深い学びを感じています。

本当に感謝なひと時でした。

参加お申し込みは、HPのメールフォームからどうぞ!

(mika)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

karadaゆらし

Author:karadaゆらし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。