スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての【うた】を思い出す

昨日は今年初の一日ワークでした。

私たちが普段口ずさむ【うた】にフォーカスをあてたワークでした。

「あなたが歌をうたう時はどんな時ですか?」
「その時、あなたはどんな歌をうたいますか?」
そんな講師yuraraさんの問いに私たちは丁寧に思い出し答えて行きました。

ある人は、気分を盛り上げたいときに「トトロの散歩」を、
ある人は、気分が乗って来たときに「天城超え」を、
さて、あなたは、どんな気分の時にどんな歌を歌っていますか?

たとえば、「○○ちゃん、あ~そ~ぼ~!!」という子どもの頃のことば、
よく聞いて見ると、ことばに抑揚がついてある意味歌になっている。

そして母親が子どもによく言うことば、
「宿題やってね、あれしてね、これしなさい」
この言葉たちをyuraraさんはラップ調で歌ってみてくれました。
「はい、宿題やってね宿題やってね、これとこれ、はい、これとこれ」・・こんな感じで。
私たちはお腹を抱えて大笑いしてしまいました。

私は歌とは、音程を外すことなく、リズムにのってとびっきりきれいな声で歌うものだと思っていました。
だから、「あ~そ~ぼ~」「い~い~よ~」「や~だ~よ~」が歌だと知り何だか嬉しくなっちゃいました。

それからある一冊の本を皆で読みあい、感じ合ったことをシェアしました。



イグアナドンが初めての友達(音)と出会う話し。
初めての友達は「だくちる だくちる」としか話せない。
だけど、イグアナドンは嬉しくて仕方がない。

機嫌の良い「だくちる」
悲しい「だくちる」
ノリノリな気分の「だくちる」
淋しい気持ちの「だくちる」

私たちはいろんな「だくちる」を想像し、実際に声に出したり動いたりしました。

あ~面白い!あ~面白い!私は内心でこのひとときを楽しんでいました。
だって、こんなこと学校で教わったことないもの。
子どもの頃、夢中になって夕方まで遊びまわっていた頃のような懐かしい感覚が蘇りました。

一日ワークはまだまだ続いています。
ついさっきまで、汗を流して動き回った私たちは、
まったりと昼食を囲み、午後は更にまったりとペアで「からだゆらし」

「からだゆらし」のあとは・・・。
更に場が展開して行きました。

ちょっと参加してみたいな~という方。
是非いらして下さい。

次回の一日ワークは2月27日(土)です。
(mika)



スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:karadaゆらし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。