スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の意識下が号泣した一日ワーク

こんばんは。お手伝いのmikaです。

昨日スペシャルスラス東京のワークを開催しました。

先月のワークから今回のワークまでの一ヶ月間、私は日常を必死にこなして生きていました。
「あぁ、やっとこれで一ヶ月がまた無事に過ぎようとしてるな・・」・・なんて漠然と考えながら、
このワークの会場に足を運ばせました。

今回の参加者は奇数だったので、私はyuraraさんにからだをゆらしてもらうことになりました。

「あぁ・・yuraraさんにたっぷりとゆらして貰うなんて、初めてかも?」・・なんて、内心ドキドキしていました。

からだの細部を丁寧にゆらして貰っているうちに、私は自分のからだの癖を否応なしに実感していました。

ここ数ヶ月、特に目覚めに胸が苦しくて、医師から処方して貰っていた喘息の吸入を毎日していました。
夜になると、「あぁ、また明日の日常をこなさなくちゃいけないんだ」
そんな強迫観念が私を襲い、とにかく一刻も早く寝なきゃ、私自身が持たない、そう思っていました。

唯一寝ることが楽しみだった私が、いつしか「寝るのが苦痛」な私がいました。

yuraraさんはまるで、私を手術しているかのように、私の脇を引っ張ったり、胸を押したり、首を動かしたり、
まるで、私がピノキオでyuraraさんがおじいさんのように、私のからだにいのちの息を吹き返してくれていました。
「yuraraさんは魂の手術師だ」・・な~んて思いながら。

気が付くと、横になっている私のからだはまっすぐになっていました。
まっすぐで、しかも究極の安楽の姿勢でした。

「どんな感じですか?」とyuraraさんに聞かれ、
「まっすぐで、しかも楽です。出来ることならこの姿勢のまま自宅のベットに行きたいです」と答える私。

「あぁ、それはよく言われます。このまま自宅のベットで寝たいってね」とyuraraさん。



「はい。では交代しますので、10分の休憩にしましょう」とyuraraさんの声が遠くで聞こえていました。

私はどうしても、この安楽の姿勢を崩したくなく、1ミリたりとも動けないでいました。

「なんて、楽なんだろう」そう実感していると、不思議なことが起こりました。

気が付くと嗚咽している自分がいました。
左目から次から次へと涙がこぼれ、むせ返って泣いている私がいました。

どうしても、1ミリたりとも動かしたくない私のからだ。
この涙だってもうどうでもいい。

そう思ってると、yuraraさんがティッシュで私の涙を拭ってくれていました。
何度も何度も、何度も何度も。

私は涙を流しながら、自分はどうしてこんなことになってしまったんだろうか?と考えながら、
1ミリたりとも動かずに思いを巡らせていました。

私のこころは麻痺してしまっている。
私のからだは泣いている。・・・・そう思った瞬間、また涙が頬をつたいました。

それからおよそ1時間、私は1ミリたりとも動かずに、安楽の姿勢を味わっていました。

寝るのが苦痛だったのは、自分を苦しめて寝ていたからなんだ。
明日に怯えて、からだを固めて寝ていた私。
そう思うと、また涙。

「私は一体何の為に生きているんだろう」・・そう思うとまた涙。

本当に不思議なのは、私の涙の瞬間を見逃さないyuraraさん。

涙の雫の音が聞こえてるかのように、こぼれる涙をふき取ってくれていました。
自分はワークを続行しながら。


生きることは幸せなこと。
生きることは苦しいこと。

私はそれを両方背負って生きているんだ。

究極の安楽の姿勢のまま、涙を流して、そんなことを考えていました。
スポンサーサイト

<トライアルクラス鎌倉>と<元気&キレイになるワーク+琉球薬膳料理>

こんにちは。お手伝いのmikaです。

2週間前に2つのイベントを両日開催しました。しかも場所を移動しての開催でした。

まず、ひとつは<トライアルクラス鎌倉>でした。

今回は開催場所の大町会館へ向かう途中、大きなリスと出会ってしまいました。
「キー!キー!」と鳴くたびに大きな尻尾を上げたり下げたりして鳴くリスを見て感動。
緑に囲まれた自然と次々に目の前に出てくる神社。
今回も前回と同様に、ワーク後に開催場所の隣にある「八雲神社」へ参拝しました。
ワークでゆるんだ後に歩く鎌倉はまた格別で、
私のからだの中心が細かく振動して温まっているのを感じました。

鎌倉のお手伝いをして下さっているU氏に美味しいパン屋さんを教えて貰ったりして、
ワーク後は鎌倉散歩と買い物を満喫しました。

「鳩サブレ!」「しらすせんべい!」「漬物!漬物!」・・まるで観光のおばちゃんのようでした(笑)

その足で、私たちは電車に乗り、吉祥寺まで向かいました。


もうひとつ目は<元気&キレイになるワーク+琉球薬膳料理>でした。

この会場に入った途端、いつもとは違う何かを感じとりました。
それは、異様に手がジンジンというか、ビリビリというか、ダイナミックな気を感じました。

この琉球という場所はまさにイヤシロチです。講師のyuraraさんはいつも「空間が違う」といいます。
神社のようなパワースポットのこの場所で私たちは今までに感じたことのない感覚を体験しました。

この場所では、気や思いやエネルギーのワークをしています。
私たちは鎌倉で既にワークをしてきたせいか、いつもにも増して敏感に感じ取ることが出来ました。

例えば、ネガティブな思いが相手にどんな作用を起こすかを体感し合いました。

私は背中合わせの相手がネガティブなことを思った途端に、全身に鳥肌が立ちました。
サァ~っと血の気を引かれたように寒くなり、頭が痛くなりました。

講師のyuraraさんは、「もう、やめましょう。すごいことになってしまいました」そう言うと、
私は心底ほっ~としました。

次は「とにかくすべてを許す」ことを思って下さいとyuraraさん。
さっきまで、寒くて鳥肌が立った背中が、ジワジワと温かくなり背中が柔らかくなりました。
頭痛も引き、私は安心に包まれました。

目を開けると何人かの方が涙を浮べていました。
今回のこの「許す」というテーマは、大きな意味があったんだなぁと思いました。

ワーク後にママの料理を味わいました。
美味しくて優しい味でした。

帰宅すると、一日留守番をしていた子ども達3人が温かく迎えてくれました。
何かに導かれているような、そんな一日でした。

【スペシャルクラス東京】一日ワークの振り返り

こんにちは。お手伝いのmikaです。

先日4/24(土)にスペシャルクラス東京の一日ワークがありました。

確かその週は寒暖の差が激しく、東京では7℃の冷たい雨が降ったかと思えば、翌日は25℃を越す暑さだったりして、まさに異常気象が続いていました。
この日は青空が広がる爽やかな天候だったのですが、大阪からいらしてくれたyuraraさんは、「寒い!」と震え上がっていました。
月に一度は会えるyuraraさんは、私たちにとって身近な存在なのだけども、寒がっているyuraraさんを見て、yuraraさんは随分遠くから来てるんだなぁ・・と不思議な気持ちになりました。

一日ワークとは、10:00~16:00とまさに一日がかりのワークなのですが、いざ始まってしまうと「あっ!」っという間に終ってしまいます。

この日のワークは、大きく分けて3つ展開しました。

「からだゆらし」「正しく(まっすぐ)立つことを実感する」「ことば(表現)」この3つでした。

●今回の「からだゆらし」では、ゆらされている間ずっと目を閉じているのですが、ゆらし始めとゆらし後では目を閉じていても明るさの違いを実感しました。まるで朝の陽を浴びたような明るさを感じました。

ゆらされているおよそ一時間、私はただじっくりと自分のからだを感じたり、眠るスレスレの状態になったり、何かを閃いたり、相手を感じたり、非日常の体験をしています。


●「正しく(まっすぐ)立つ」では、言葉では表現出来ないような衝撃がありました。
私が驚いたのは、自らお金を払い学びに行った他の講習で学んでも上手く習得出来なかった「立つ・歩く」をyuraraさんのさりげない助言で見事に実感出来たからです。

正しく立つと見える世界も違うという実感。正しく立ったまま歩くと、信じられないほど「楽」だということ。
スピードを上げると「楽」な状態で走れること。
信じられないことだけども、確かに何時までも走れそうだった。

そして一番ビックリしたことは、いつもダンスの先生に注意されていたことなのだけども、「おへそを上に上げて!」
「おへそは上に上げて背中にくっつけて」と言われるのだけども、この「正しく立つ」方法は、自然におへそが立てになって上げっていたのでビックリしました。


●「ことば(表現)」では、yuraraさんがチョイスしたことば(詩)を皆がそれぞれを選び言葉にしていくのですが、今回yuraraさんがチョイスしてきて下さったことば(詩)達に私は見事にノックアウトされてしまいました。

何とも意味の分からない詩達なのです。
意味が分からないので、どうしても言葉がとまってしまったり、固定観念に囚われている自分を痛感しました。
頭が混乱しているのですが、私のからだは何故だかとてもイキイキしていました。

これはまさにyuraraマジックです。

そんなこんなの一日ワークでした。
次回は【トライアルクラス鎌倉】の振り返りをアップする予定です。


PS:私の子ども達に「ママはお母さんを選べるんだったら、誰を選ぶ?」とふいに聞かれました。
私は少し考えて「う~ん、yuraraさんかな」というと、子ども達は「へぇ~」と頷いていました。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

karadaゆらし

Author:karadaゆらし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。