スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その手が看護だよ


私は現在看護学生です。

病院実習中に一日ワークに参加してきました。


とっても不思議なのですが、病院実習が始まり、患者との関わりが濃厚になってくるに従い、自分自身の手に変化がありました。

手が発動しているのです。

手が発動って、一体どうゆうこと?と、思われるかも知れませんが、手が勝手に循環が良くなり、ジンジンと温かいのです。

そんな私の手の変化を感じながら、一日ワークに参加しました。


今回は、久しぶりに「触れる」ワークを行いました。

この手が、いかに相手に作用を引き起こすのかを体験し、感じ取りました。

私は実はこのワークが苦手でした。

何故なら、どうしても相手に触れる時に、手に力が入っていたからです。

そうしてもぎこちなくなってしまうのが、嫌で嫌で、仕方がありませんでした。


ですが、久しぶりのこのワークで、何だか掴めた気がします。

相手に触れることってこうゆうことなんだ、と実感出来たのです。


私のこの手は、患者だけではなく、自分の子どもや他人の子ども、偶然出会った高齢者かも知れないし、異性かも知れない。

今後、様々な方々に触れるであろうこの手。

今もずっと発動しています。

ジンジン・じわじわ・ぬくぬくと、あなたと出会うのを待っています。


そして、昨日は、2011年にナイチンゲール記章を受賞された村松静子さんの講演会に参加して来ました。

参加者は皆看護師さん。

私は、この一日ワークで体験した「触れる手」の重要さを改めて実感しました。

村松さんが印象に残っている患者さんの言葉を話して下さりました。


「薬も医者もいらないよ。その手があれば、看護だよ」

私の病院実習中の土日は、「触れる手」に関しての偶然の学びがありました。

目に見えない何かが、そのことに気が付いて!と、引き寄せてくれたのかも知れません。


まだ、ジンジンとしています。

まだ、ぬくぬく・ぽかぽかしています。

(mika)

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

karadaゆらし

Author:karadaゆらし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。