スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界が違う立ち方


先日、一日ワークを行いました。

ペアになって、たっぷりと時間を掛けて行う〈からだゆらし〉は、本当に気持ちが良かったです。
たっぷりとゆらして貰い、終盤になった頃、頭の中にお花のステンドグラスが浮かびました。

私はステンドグラスが大好きで、お金持ちになったら、畳半畳ほどのステンドグラスを窓に飾り、ガラス越しに光を部屋の中に入れるのが夢です。

どうして、ステンドグラスがふっと湧いたのかは不明でした。

*****

その後に、真っ直ぐに立つということをペアで試みました。

真っ直ぐ立つって、言ったら・・・?

モデルのように、首を長めに見せるのかな?
鎖骨を前に突き出すのかな?

いえいえ、そうではありませんでした。

ペアになった方が、私の前に立ち、目の前で立っている私を、少しずつ真っ直ぐに調整してくれていました。

モデル風の真っ直ぐではなく、目の前の方が私をただ真っ直ぐに見て、純粋に真っ直ぐにしてくれていました。


YURaRAさんが私の所に来て、さらに私の顎を引いたり、砂骨を押したりと調整してくれた時に、不思議なことが起こりました。

私の中で、はっきりと足のつま先から、頭のてっぺんまでに、電流が走ったように変化が起こりました。

すると、目の前の世界が、さっきまでの世界とは違う見え方だったのです。

う~ん、上手く言えませんが、

次元が違うというのでしょうか。目の前の方も別人のように、王子様のように立っていました。

目の前のその方は、普段はいつもとても謙虚で、身体も少しだけ固く見えるのでしたが、目の前の彼女は、しなやかにありのままの姿で、ただ私のことを真っ直ぐに見つめてくれていました。

身体が真っ直ぐになるまでの私は、自分でも収集が付かない程、ただその場に合わせた軽い言葉を短絡的に吐き続けていた気がします。

ですが、真っ直ぐになった私は、無言になりました。

余計な言葉など、一切出て来ません。

心が平安というか、無になった気がしました。

だけど、首を少しでも動かしてしまうと、また世界は先程の世界になってしまいます。

なので、再度YURaRAさんに真っ直ぐにして頂きました。

「あっ!また目の前の彼女が、白馬から降りたばかりの王子様になった!」

「あっ!真っ直ぐになると、また心が静まった。恐怖も不安も無い不思議な世界だ」


正直に打ち明けると、私は自分自身で、どうして自分はこんなに身近にいる人から大切にされないのだろうと、思っていました。

ですが、いざ自分が真っ直ぐになって見ると、私は自分で勝手に、大切にされない自分を演じていたのです。


「そういうことなのか」


私が純粋に、ただただ真っ直ぐに立つだけで、世界は変わるんだ。

とても不思議な体験でした。

(mika)

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Author:karadaゆらし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。