スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スペシャルクラス東京】一日ワークの振り返り

こんにちは。お手伝いのmikaです。

先日<一日ワーク>がありました。
あまりにも印象的だったので、ブログに残そうと思いました。

午前はペアになりたっぷりとお互いのからだを丁寧にゆらし合いました。
ゆらし終わった後にゆらしてくれる方が背中に手当て(気になるところに手をおく)
をしてくれるのですが、私は3年間継続してきて初めて何処か異次元へ行ってしまったかの
ような感覚を実感しました。

敢えて言葉で表すならばきっと「空(くう)」または「無(何もない)」という感じです。
ほんの一瞬の出来事でしたが、その時間は永遠のような気もしました。

そして、午後はこりゃまた面白いことばかりでした。
ここ数ヶ月、心強いプロの声楽家の先生が歌をこの場で教えて下さっています。
その講師の美しい声を聴きながら午後のワークが始まりました。

からだを使い、<まる>や<さんかく>や<しかく>を表現し舞踊する場面がありました。
私は何故だか、照れや恥じらいも忘れて、幼少期の頃の自分にかえっていました。
からだもこころもワクワクしながら、水を得た魚のように今を楽しんでいました。
音楽に合わせて踊るダンスとは違う、私から溢れるからだのリズムでした。


そして実は、もっと面白いことを体験してしまいました。
それは、ペアになって<笑い>や<泣く>をどんどん広げて大きくしていったことです。

例えば、初めて笑う人は本当にかすかに笑います。
それを見た相手は相手の顔を真似た後に更にその笑いを大きくして行きます。
その笑いは何処までも大きく広がって、最後にはここまでして笑う人は未だかつて
見た事がない程笑いました(笑)
勿論ジャスチャーも交えて。

そして、泣くバージョンはとんでもないことになってしまいました。
ペアの私たちが、まるで猿が猿山でキーキーと鳴いているみたいになってしまいました。
講師のyuraraさんが爆笑されているのを見て、我に返り、思わず笑ってしまいました。

だけども、不思議なんです。
今までの自分では絶対に出来なかったこの表現の解放が、
ペリペリっと固い殻を破ったように心地の良いものでした。

「やっと、伸び伸びと自己表現出来る私と出会えた」
そんな大切な時間でした。

一日ワークを終えた後、私は自分の変化に気が付きました。
今まで出来なかったことを為し得た達成感のようなものが、からだいっぱいに
広がっていました。

「あ~、何だか楽になった!」
不思議とそんな思いが私いっぱいに広がっていました。
「やったぁ!」心の中でガッツポーズをしている私がいました。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

karadaゆらし

Author:karadaゆらし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。