スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月のからだゆらし一日ワークの振り返り

mikaです。

昨日はからだゆらしの一日ワークでした。

通常はからだゆらしから入るのですが、昨日は急遽特別メニューが入りました。

人間の(自分の)からだの構造を理解し、日常動作を意識して「苦」から「快」に変えていく方法を体験しました。

私は階段や上り坂が身体的にとっても嫌いでした。

でもそれは、自分の心肺能力や産後だからだろうと思い込んでいたのです。

でけども実際には、私の日常の動作には、根強い癖がありました。

それは、参加者の方々や講師に言われてリアルに解き明かされてきました。

例えば、階段を上る一歩一歩の動作に、いちいち背筋を伸ばして腰に負担を掛けていたことに気が付きました。

「何だか、動作が女優みたい」

「ひとつひとつの動作がポージングしてるみたい」

私はそんな新鮮な視点の意見にビックリしました。

本当に無意識に私はそんな動きをしてるんだぁ~って。

上り階段や、上り坂を上がっていくにもかかわらず、私はピンと背筋をこれでもかと伸ばして生きて来たなんて!

そして、骨の構造を学び、いかに筋力ではなく骨で階段を上がる動作を覚えました。

そうしたら不思議。

いくら階段を上っても上っても、全然疲れないのです。

そしてさらに不思議なことが・・・。

負荷を掛けてきた腰や背中をゆるめたら、背中に暖炉の火がともった様にボッっとあたたかくなったのです。

参加者の方々に、「うん、人間らしい動きだね」

「温か味のある存在になったね」「話しかけ易い感じだね」と言ってもらいました。

私は本来の自分を無意識に偽って、自分のからだに負荷を掛けて生きてきたみたいです。

講師のyuraraさんが私に言ってくれたことばを今も噛み締めています。

「作り上げたあなたではなく、ありのままのあなたを出して受け入れてもらう生き方をしましょうね」



そうだよ。わたしは、一体誰のために無理をして頑張って生きてきたんだい?

ホラホラ、ここと、ここの力を抜いて楽に生きてごらん!

「やだぁ~、今まで気が付かなかった!」って一瞬は嘆いてもいいよ。

気が付いて、ゆるんだ瞬間から、もうすでにわたしは変化してるから。

そうそう、その瞬間から、過去は振り返らない生き方をしようね!
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

karadaゆらし

Author:karadaゆらし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。