スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会えて良かった!


昨日の一日ワークは、通常の開催場所とは異なり、少々変わりづらい場所にありました。

そんな中、初めての参加者の方がいらしてくれました。



遠方から、都合を付けて参加して来た、その行動力が素晴らしいと思いました。

どうして、この〈からだゆらし〉に参加したのかというきっかけを聞きながら、

私がもし、〈からだゆらし〉と出会っていなかったら、私は看護学校の合格を切望しながら、
悶々と仕事を続けながら、表面上は元気を装いながら、苦難と無理して笑う現実のギャップに今でも苦しんでいたと思います。


今の自分の現状を変えたいのなら、力を振り絞って行動するしかないのだ。

勇気を持て行動してくれた参加者の方から、そんな確信を貰いました。

参加者のAさん、ありがとうございました!!


*************

午後からは、たっぷりとカラダをゆらしました。

私は1年以上ぶりに、講師のyuraraさんにゆらして貰いました。

そして、最後は私の寝そべっているカラダが、真っ直ぐになったのです。

「どんな感じですか?」と聞かれて、じっくりと感じたあとに、こう答えました。

「鉛筆のように、カラダが真っ直ぐになりました。まるで、秋刀魚のように身が締まり、真っ直ぐな感じです。自分のカラダではないように感じます」

そう、私は答えました。


すると、講師はこう話してくれました。

「あなたの身体は、首と腹部と、下半身がそれぞれ、別の方向を向いていました。ちょっと、ここからあそこまで歩いてみて下さい」

そう促され、歩くと、私を良く知る参加者たちは声を上げました。

「うわぁ~、確かにそうだ!mikaちゃんはいつも、そうやってカラダをあちこちに向けて歩いてるわ!」

私は、腑に落ちました。

私は歩きながら、あちこちをキョロキョロ見て、エネルギーを消費して生きていたのです。

そこで、講師はこう言いました。

「では、今度は、あなた自身をココ(胸)に納めて歩いてみて下さい」

私は、講師の言う通り、ココ(胸)に自分を納めて歩きました。


すると、そこにはとても静かな世界がありました。

静かで、ゆるぎない、安心した世界が私の中にもあったのです。


何て、深い気付きでしょうか。

「これで、あなたも秋刀魚のように、スイスイさらに夢を掴めますね」

なるほど、上手いこというなぁ~。

「講師に座布団一枚!」そう、心の中で呟いてる私がいました。

(mika)









スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

karadaゆらし

Author:karadaゆらし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。