スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月スペシャルワーク

7月ワークから約1ヶ月半ぶりの『からだゆらし』でした。


前半にペアの方をたっぷりゆらした後に寝そべると、
からだが喜んでいるのがわかりました。
後半ゆらしてもらうとからだがふんわりまるくなり 
ホッとしました。


長い1ヵ月半でした。
makiko


5月 スペシャルワーク

ペアになってたっぷりゆらしていただいた後に、目をつむったまま余韻に浸っていました。

目をつむったままですが、自分の顔を初めて認識出来た不思議な感じがしました。

(M.H)



4月 東京スペシャルワーク

12月東京スペシャルワーク

今年最後のからだゆらし。
たっぷりゆらしゆらされた後はYUKIさんの歌のワーク。
クリスマスソングの♪Oh Holy Night♪を歌った。
なんと高いラがある!
私の限界を超えた音にチャレンジすることに。
YUKIさんのクリスマスの情景の説明に、
イエス・キリストが誕生する場面を思い浮かべながら、歌詞の意味を歌に込めて歌う。
このゆらしの場では、恐ろしく調子っぱずれな声を出しても誰からもバカにされない。
無理だと思う挑戦も笑顔で後押ししてくれる。
失敗も気にしないでチャレンジできた。
音が出たかどうかはともかく、挑戦出来たということに、嬉しさと満足感一杯のワークでした。

Sさんから差し入れて頂いたお菓子は、イタリア、アブルッツォ州カウルンキョという地方のボッコノォト(Bocco Notti 小さい口)。
シナモンとクローブ入りのチョコレートアーモンドフィリングがほろっとした生地で包まれたこの地方だけに伝わるイタリアママンの味。
参加者一同、揺らされてゆったりとしたからだで戴いた美味しいお菓子にうっとりのひと時。
心がこもった差し入れは、からだと心の滋養となって沁み渡る。
Sさん、いつも美味しい手作りの品々ありがとうございます!

年末の慌ただしい中、クリスマス本来の意味を想い、この世にもたらされた愛と光に感謝の気持ちが湧き上がる。
私たち自身、その存在の一部であり、いつも愛と光に包まれている。
ゆるんだからだで、その奇跡とありがたさをうけとめる。
恵みに満ち溢れたクリスマス月のゆらしでした。

YURaRAさん、YUKIさん、いつもありがとうございます。

Y.U.

すべての人が愛おしい

2月26日(日)ジュネシーンさんとのコラボ企画 からだゆらしに参加した。
Aコース「思」、Bコース「言」、Cコース「動」のプログラムでしたが、私はBコースからの参加。


Bコースでは、息と声、言葉を中心にワークが進む。


からだのどこかが緊張したままで発する声と、からだをゆるめて発する声が、こんなに違うものなのか。
道理で思いが届かないわけだ。
相手に声を投げる。受け手のミットに収まらない。
手前で失速したり、ヨコに逸れたり、ボールが分裂してしまったり。
息を吐きながら声をのせていく。


ようやく届いた声。その瞬間すべてが変わる。
自分の声が、思いが、他者に届いた瞬間。
相手の存在が際立つ瞬間。
人と人とが繋がった瞬間。
伝わった、繋がった喜び。
投げたボールがすぽっとミットに収まったのが見えるようだ。


次は、ネガティブな言葉をポジティブな言葉に変えていく。
出来ない ⇒ 出来る
無理 ⇒ 大丈夫
難しい ⇒ 簡単
辛い ⇒ 楽しい
時間がない ⇒ 時間はたっぷりある
限界だ ⇒ まだまだいける
お金がない ⇒ お金はたっぷりある
面倒 ⇒ 楽しい
言葉が変わればからだも変わる不思議。


それから、人から言われて嬉しい言葉をひとりひとりが選んだ。
ありがとう。
綺麗だね。
美味しい。
面白い。
出来たね。
大好きだよ。
よかったね。
大丈夫だよ。
嬉しいよ。
ゆるんだからだで、思いのこもった言葉を全員からかけてもらう。
あなたはあなたのままでいい。
ありのままでいい。
自分と他者は繋がっている。
自分を大切にすることで、他者を大切にできる。
心のこもった言葉のシャワーを一身にうけて感激の涙がとまらない。


円座になり声楽家Yさんのリードで、息を吐きながら声を合わせていくワークは、神聖な祈りのようだった。


Cコースでは、ひたすら、ゆらす、ゆらされる。


どんどんゆるんで、もうなにも考えられない。
最後の感想で、参加者の1人の言葉がこういった。
「大きくもなく、小さくもない、ちょうどいい大きさ、ぴったりの自分が今ここにある。」
萎縮したり、緊張したり、凝り固まったからだから解放されると、そんな風に感じるんだ!
それを感じ取れた喜びがあった。


からだの声が聴こえる、ゆるんだからだ
思いが伝えられる、受け取れる、ゆるんだからだ
自分とも、人とも、素直に向き合える、ゆるんだからだでありたいと思う。


両コースを通じて、ほんとうに素晴らしい瞬間、瞬間に立ち合うことが出来た。
どちらのコースもその場に参加されたすべての人に支えられて、その場のエネルギーがどんどん高まっていく。
きらきらした表情、とびっきりの笑顔。
だれもが、美しく輝いていて、すべての人が愛おしいと思えた。


ジュネシーンさん、yuraraさん、素晴らしいコラボ企画ありがとうございました。
(yuko)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

karadaゆらし

Author:karadaゆらし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。